【藤井セミナー】少人数制の大学受験英語塾 【大阪府】十三教室

説明会日程はコチラ
地図はコチラ

藤井セミナーへ

十三教室ブログ

「お前は無理や...」と思われてる君!...奴らをアッと驚かせよう!。
人生で一番自分を大きく変えるチャンスが大学受験!






2013年2月受験者 合格体験談



右 ★ 井上敦志 東淀川(卒)関学 商・総
左 ★ 小柳竜也 池田(卒)同志社 経・商 関学 商・経・総





★ 樫本 修一:現(野球部)関学(個/文・総・法(法))//部活は練習も厳しく朝練もあって、引退前は真剣に勉強に取り組んだことがありませんでした。成績も学年最下位に近いものでした。7月末に引退してそこから単熟つめて日本史の勉強も真剣に始めました。国語が嫌いで時間もなかった僕には英語と社会で関学合格できるというのはうってつけの方針でした。単熟暗記&音読の継続!!これで英語は上がります!!

★ 森口 将太:現役(陸上部)関学(全/法・経)//藤井セミナーの合格プロセスは本物でした!英語は単熟暗記と音読、社会は要点がまとめられているプリントを暗記するだけで、本当に実力がどんどん上がっていきました。地道な努力を続けて、秋頃からは、自分でも驚くぐらい速く長文が読めるようになりました。ランキングも一度上位にいくと、それが楽しくて嬉しくて、またさらにステップアップ出来たのが良かったと思います。10時間塾にこもる勉強会を経験したおかげで、受験生としての自覚もめばえました!

★ 冨士 加央梨:卒(バトミントン部)関大(社安)//現役時代は勉強の仕方が分からず自分なりに頑張ったものの全滅しました。浪人が始まり、藤井セミナーのやり方にもイマイチ馴染めず悶々としていたところ、同じ浪人生の仲間から「去年1人でやって受からなかったのに今年も1人でやって受かるわけないやん!」と励まされ、開き直って塾に言われたことは全て逃げずにやりきろうと決心しました。精神的に毎日ギリギリだったので、振り返って塾の良かったところも思い出せませんがとにかく第一志望に受かって本当に良かった!




★ 井上 敦志:卒(陸上部)関学(全/商・総政 個/商・総政)//音読の量&声量は今年度十三NO1です。とにかく音読しまくった1年でした。単熟、ピンクNOW,音読この3つで英語は上がります。毎週更新されるランキングでは、他教室のライバルとも戦えるので、自分の位置を確認して、毎回一喜一憂しながら勉強に立ち向かうことが出来たのが良かったです。社会も、授業の曜日になると緊張するぐらい先生が厳しかったけど、そのおかげで日本史がかなり伸びたので、本当に感謝しています。




★ 西野 菜穂:現役(陸上部)関学(全/文・社)//藤井を信じてここまで頑張って良かったです!先生たちみんなが真剣に私に向き合ってくれて、その先生の言葉がリアルなのでそれに後押しされて頑張ることが出来ました。音読も、最初はなかなか慣れなかったですが、何回も繰り返すうちに速読出来るようになり、その訓練のおかげで、長文の問題が本当に読みやすくなりました。勉強会や、夏期・冬期講習は、評判通りかなりハードでしたが、忍耐力がついて良かったです!

★ 小谷 健二:現(軽音楽部)関大(経)//7月末の単熟テストは34点でしたが夏休み最後のチャンスと言われて1ケ月で74点まであげました。そして夏期講習で読む速さが上がり英語が伸びてきたと実感しました。世界史は秋まで全然で、特訓クラスを受けました。特訓クラスの面談では中途半端な勉強では関関同立は無理と言われてそこから気持ちが変わりました。後半の追い込みでなんとか関大に合格することができました。




★ 大西 愛:卒(華道部)同志社(商・社)関学(全/文 個/文(英)商)//現役の時受かった大学を蹴って、やっぱり関関同立に行きたい!!と思い浪人しました。姉も藤井セミナーだったので不安はありませんでした。徹底的に単熟や文法のテストがあり気を抜くことなく1年勉強できました。勉強会は1日の中で単熟、文法、長文、社会すべてやるのでしんどいですがこのおかげで冬からの追い込みも苦になりませんでした。世界史のプリントが素晴らしくて、去年は苦手だった世界史が得意科目にかわりました。先生は全員が藤井出身なので悩みを相談しやすく、勉強のアドバイスも親身になってしてくれて楽しくて毎日行きたくなる塾です。




★ 小柳 竜也:卒(サッカー部)同志社(商・経)関学(全/商・総政)//単熟暗記、長文復習、社会暗記、全てランキングに出されて、全国のライバルと競えて、それが自分のプラスに繋がりました。毎日、プレッシャーの中で戦うことで、勉強も好きになり、要領も自然に掴むことができました。日本史の授業は関関同立対策がキッチリしているので本番8〜9割とれました。国語が嫌いな人は、藤井でおもいっきり英語と社会をやってください!藤井の方針は最高です。僕が実例です。

★ 近藤 真典:現(サッカー部)関学(全/経・商 個/経)立命館(経)//単熟暗記に長文の音読を足すだけで英語の長文の読みやすさが全然違います!!最初は意味があるのかと疑問に思っていましたが、音読を毎日1時間半続けていたら1月に成績がぐんと伸びてセンターでも関学入試でも9割近く取れるようになりました。




★ 辻 真亜弥:現 同志社(政策)//他の塾で英語が伸び悩んでていて8月に藤井セミナーに入塾しました。今からでも間に合うと言われてここでがんばろうと思いました。入りたての頃は長文に抵抗があったけど次第に慣れ、1月、受験ギリギリに英語の成績が上がりました。12月の冬期講習は文法が苦手だったので最後にチェックするいい機会でした。ただ、入塾するのが遅かったのでギリギリ合格となったのでもっと早い段階で入塾し、単熟語の暗記をしていたらな〜と思います。




★ 門脇 駿人:現(野球部)関学(全/商・経 個/総・商・法・独/商)関大(経・商)//受験勉強しんどいしおもんないけどやりきったら喜びは半端ないです。音読は続けたら読むのがめっちゃ早なって得点はガンガンあがります。英語は単熟、文法、音読で伸びます。社会は授業は受講をお勧めします。テーマ史もしっかりやってくれて日本史も得意分野になって本番9割とれました。藤井セミナーはみんな仲がよくて先生も良い人ばかりで優しいけど言う時は言ってくれてほんまに良かったです。おかげで受けた大学は全勝しました!


ページ先頭このページの先頭へ